トップ   >   その他   >   琵琶二面 ~源平を語る~

琵琶二面 ~源平を語る~

これまでに聞いたことのない贅沢な試み ! !

日本の楽器、琵琶。その起源は遥か一三〇〇年前に遡ります。西アジアからシルクロードを通り、中国大陸、朝鮮半島を経て日本に伝来し、まずは雅楽の中で奏でられる〝楽琵琶″が登場します。その後日本独自の〝語りもの″という表現を確立した琵琶法師(盲人の僧)が現れ、経文を唱えながら琵琶を弾じる〝盲僧琵琶″や琵琶を伴奏に平家物語をかたる〝平家琵琶″を生業にしました。そこから発展したのが、今回聴いていただく琵琶〝薩摩″と〝筑前″です。同じ九州で生まれたにも関わらず、戦国時代に武士のために作られた薩摩琵琶と明治になってから作られた筑前琵琶ではかなり趣が異なります。琵琶と切り離せない古典文学の平家物語を通して、二面の琵琶の奥深さを知っていただくまたとない機会です。同時にふたつを聴くことができるのはもちろんの事、このふたつが一緒に奏でられることは過去にほとんど例がありません。更にはゲストに俳優の加藤武氏を迎え、吉川英治/作「新・平家物語」の一節を語っていただきます。加藤氏は同じく吉川英治/作「宮本武蔵」の語りにも取り組んでいますが、「新・平家物語」を語るのは今回が初めてです。演劇界の重鎮が力ある言葉で紡ぐ平家の世界。こちらも見逃せません。文字通りのまたとない贅沢な組み合わせ。皆さま是非とも足をお運び下さい。

       

【一部】 「祇園精舎」奏者による楽器のレクチャー 薩摩と筑前の聴き比べ「敦盛」

【二部】 朗読「新・平家物語」 二面の掛け合いによる「知盛と義経」 「壇ノ浦の合戦」

【チケット販売所】町屋文化センター・日暮里サニーホール

【関連リンク】 http://manabiwa.com

チケット販売・イベント募集状況 終了 購入する
日時2015年2月8日(日)午後2時30分開演(30分前開場)
会場日暮里サニーホール
料金一般:3,000円 ACC友の会会員:2,700円
出演者筑前琵琶:緒方蝶嘉 薩摩琵琶:川嶋信子 朗読:加藤武(文学座代表)
お問い合わせ琵琶二面を上演する会 ☎090-5996-9137