トップ   >   その他   >   第40回 江戸里神楽 松本源之助のすべて

第40回 江戸里神楽 松本源之助のすべて

《東日本復興支援チャリティー公演》

国・荒川区の文化財である「松本源之助」が、江戸時代より大衆に親しまれた里神楽の技法を再構成し、「現代の芸能」として創造する源之助の世界!

一部 「ザ・祭り」
お囃子の音と、神輿の掛け声で、さあ、お祭りの始まりです。バナナの叩売りや、餅つき、楽しく、賑やかに、皆さんで盛り上がりましょう。

二部 江戸里神楽「新明種蒔」
神様の言いつけで、狐がせっせと畑を耕し、五穀の種を蒔いていると、村の若者(もどき)が現れ、種をほじくってしまいます。次に餅を搗くと、これまたつまみ食いをしてしまいます。狐ともどきのおかしみ溢れるやりとりの末、狐は帰っていきます。もどきが、狐の忘れていった餅を持って喜んでいるところへ、狐に遣わされたお爺さんが、餅を取りにやってきます。餅なんて知らないと言い張るもどき。お爺さんが知恵を使って、餅を取り戻します。

【チケット発売日】


8月10日(土)


【チケット販売所】


町屋文化センター・日暮里サニーホール

チケット販売・イベント募集状況 終了
日時2013年10月20日(日)午後6時30分開演(30分前開場)
会場日暮里サニーホール
料金5,000円(ACC友の会会員500円引き)
出演者松本源之助
お問い合わせACC(公財)荒川区芸術文化振興財団 03‐3802‐7111