トップ   >   その他   >   歌劇「天空の町~別子銅山と伊庭貞剛」

歌劇「天空の町~別子銅山と伊庭貞剛」

荒れ果てた山々を緑に返した実業家・伊庭貞剛の生き様を描いたオペラ「天空の町」

小鳥が歌い、花々が咲き広がり、緑の木々が風にそよぐ山。そこに時の旅人がやって来た。動植物と話すことのできる旅人が、その昔煙害で荒れ果てた別子銅山を緑に還した男、伊庭貞剛の話へと誘う。当時の日本は、欧米列強国による植民地化を防ごうと産業発展に力を入れていた。その使命を担った別子銅山は、採掘製錬による煙害の為、禿山と化し、又同時に人心までも荒廃させていた。解決困難な現状を、日本人が本来持つ優しい思いやりの精神で解決に導き、緑豊かな山に還した伊庭貞剛。彼の優しくも堂々とした生き様を、子どもが元気に歌い踊る、美しいメロディで綴った歌劇。

【台本・作曲・総監督】

石多エドワード  

【チケット販売所】 町屋文化センター、サンパール荒川

チケット販売・イベント募集状況 終了
日時2013年2月16日(土)午後5時30分開演(午後5時開場)
会場サンパール荒川大ホール
料金自由席:3,000円
指定席:4,000円(東京オペラ協会のみ取扱い)
【荒川区民およびACC友の会会員】
自由席:2,000円
指定席:3,000円(東京オペラ協会のみ取扱い)
出演者主演 石多エドワード、大地 ほか
指揮 西谷亮
管弦楽 東京オペラ協会管弦楽団
お問い合わせ東京オペラ協会 事務局 湊 メール:office405@tokyo-opera.gr.jp 電話:070-5810-1976, 03-5269-7895